縁故減少精管結紮|対価・オペ産物・妊娠の可能性

避妊テク 男性が見込める結び付き削減はどんな男性に推薦か

 

ダディの結び付き削減と言われる避妊テクは、坊やを出したくないと思っている人や、これ以上坊やを増やしたくない人の為に役に立っています。

 

身寄り生活をして出向く上で夫婦生活、セックスをするのは仲良くやり過ごす為の生活の一部になり、行わないと夫婦の間柄が悪くなりアバンチュールなどに走って仕舞う時にも繋がってしまう。

 

その為に坊やは取り除けるという人や、これ以上坊やを増やしたくない人には推薦となるのです。

 

またアバンチュール性の人には、余所で坊やを作れないようにすると言った意味で有効活用できます。

 

その他には、婦人の体躯に心痛を掛けたくないとおもう人にも素晴らしく、性行為の後の手入れピルなどを服用しなくても済みます。

 

どんな状態でも、基本的には、坊やを吐出したくないと思っている男性が結び付き削減をするのが推薦になります。

 

結び付き削減(精管結紮)のオペレーションという額面にあたって

 

結び付き削減は精巣で作られた精子を制精液の中に輸送する精管という管を切り離して、精巣は作られても精液の中に精子が張り込まないようにするオペレーションだ。

 

精液精巣とは別の場所でできあがる結果勃起や射精はそれまで通りできますが、精液の中には精子が入り込まなくなる結果、婦人を妊娠させることは不可能となります。

 

一般的にはワンデイオペレーションなどでもでき、あまり難しいオペレーションではありません。

 

額面は病舎によっても異なりますが5万円から20万円程度でやれる病舎が大部分です。

 

あとは、オペレーションですので少し素肌を切開するなどケガができますので、そのケガが化膿したりすることなどが考えられます。

 

これらの術後の加療などの反応が別料金なのか、それともそのオペレーション費用に含まれているのかなどは病舎によりことなるので、オペレーションを受ける病舎で確認するとよいでしょう。

 

結び付き削減後に性行為は出来るのか、また妊娠するリスキーはあるの?

 

結び付き削減オペレーションをした後々は、性行為は控えたほうがいいですが、術後落ち着いてきて医師から大丈夫だといわれた後は普通に性行為をすることができます。

 

精子は含まれていない精液を射精する事になり性行為は可能です。

 

ですので結び付き削減を通していればたいてい妊娠するリスキーはありません。

 

但しごく稀にですがオペレーションでカットした精官が向かうこともあるので配慮は必要になります。

 

とはいってもレートとしては0・01百分比ほどなのできっと妊娠の可能性はないといえるでしょう。

 

また結び付き削減オペレーションを通してもオペレーション後にはまだ精液が残っているので、何回かは射精しておくことが必要になります。

 

結び付き削減を通していて、何回か射精をしているのであれば妊娠するリスキーはわずかので安心して性行為をすることができます。